MENU

ヴェゼルを値引きして購入する4つの方法

車を購入するとき、できるだけ安く買いたいと思うのは当然のことです。

しかし、ディーラーや販売店との交渉は難しく、値引きの方法も分かりにくいものです。

そこで、この記事では、車を値引きして購入する方法を紹介します。

目次

【ヴェゼル値引き額UP①】下取りに出さずに一括査定に出す

引用:カーセンサー

車を下取りに出さずに一括査定に出すことで、30万円以上も売却額がアップするかもしれません。

ディーラーは下取り価格を低く見積もって、新車の値引き分を相殺しようとします。

そのため、下取りではなく一括査定サイトなどを利用して、複数の買取業者から査定額を比較し競合させることで売却額を高めることができます。

一括査定に出しても必ず売らないといけない訳ではありません。
ディーラーに行く前に最高売却額を確認しておきましょう。

一括査定は提携している買取業者が一番多い「カーセンサー」がオススメです。

最大30社が競い合う一括査定だから高く売れる!!複数社の査定額と比較して愛車を最高値で売却しましょう。

\90秒で完了/

【ヴェゼル値引き額UP②】銀行のマイカーローンを使う

⾞屋のオートローンの利率は平均して4〜9%と高金利で、銀⾏のローンの利率は1〜3%と低金利です。

【300万円の車を5年ローン購入する場合】

金利1%の利息総額は75,000円
金利5%の利息総額は375,000円(+30万)
金利9%の利息総額は675,000円(+60万)

つまり、⾞屋のオートローンを利⽤すると、銀⾏のマイカーローンを利⽤するよりも多くの利息を払わなければなりません。

このように利率が違う理由は、⾞屋がオートローンでも利益をとっているからです。

そのため、⾞屋の営業マンはオートローンを強く勧めてきます。
値引きをする代わりにオートローンを組ませるというトリックを使ってくるので注意しましょう。

銀行のマイカーローンは審査が厳しめですが、審査してみましょう。

銀行のマイカーローン約30社をまとめて審査できる「クラウドローン」がオススメです。
まずは借りられる銀行をチェックしましょう!

【ヴェゼル値引き額UP③】複数のディーラーと比較して競合させる

複数のディーラーと比較して競合させることで値引き額を高めることができます。

同じメーカーの同じモデルでも、ディーラーによって値段や在庫状況が異なります。

複数のディーラーから見積もりを取り、他のディーラーに最安値を提示して、それより安くしてもらえるか交渉しましょう。

【ヴェゼル値引き額UP④】値下がりしやすい時期に購入する

車を値下がりしやすい時期に購入することも重要です。

一般的に、車は年度末や月末、季節の変わり目などに値下がりしやすいと言われています。
これは、ディーラーが販売目標を達成するために在庫処分をするからです。

また、新型やマイナーチェンジされたモデルが発売される前後も、旧型のモデルが安くなる傾向があります。

このようなタイミングを狙って購入すると、通常よりも大幅な値引きが期待できます。

【まとめ】ヴェゼルの値引き額を高くする方法は4つ

ヴェゼルが運転しにくいと言われる理由

引用:HONDA

車を値引きして購入する方法について紹介しました。

これらの方法を実践すれば、理想の車をお得に手に入れることができるでしょう。
ぜひ試してみてください。

【カーセンサー】一括査定で愛車の買取額が50万円UP!?

最大30社が競い合う一括査定だから高く売れる!!複数社の査定額と比較して愛車を最高値で売却しましょう。

\90秒で完了/

目次